--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adaptive Quantizationの有効性検証メモ

2010年06月26日 22:47

ノイズ除去とアンシャープマスクを切った状態で検証。
数値は2pass目のSSIMです。
エンコード速度にはほとんど影響ないので、省略。

無効 : Y:0.9634756
VAQ 強度0.00 : Y:0.9635047
VAQ 強度0.50 : Y:0.9664560
VAQ 強度1.00 : Y:0.9677694
AutoVAQ 強度0.00 : Y:0.9634864
AutoVAQ 強度0.50 : Y:0.9669344
AutoVAQ 強度1.00 : Y:0.9679448

ここまでやってAutoVAQがよさそうなので、さらに強度を上げてみました。

AutoVAQ 強度1.25 : Y:0.9673809
AutoVAQ 強度1.50 : Y:0.9658591

これを見るとAutoVAQの強度は1くらいがよさそうですね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mkhk9.blog38.fc2.com/tb.php/459-ddfef7bd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。