--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事担任者試験、基本情報技術者試験

2010年05月27日 07:55

今月の7,8日辺りからほとんどマリカーやらなかったわけです。
タッグ杯の2,3日前に2回ほど1,2時間やりましたが。

その理由は工事担任者っていう資格の試験を受ける予定だったからです。
まあマリカーしなかったからと言ってその分勉強していたわけでもないんですがw

あと他に持っている資格といえば結構前に取った基本情報技術者くらい。
これはかなり楽で、試験が午前・午後と分かれているのですが、自分は午後対策は始めてすぐに飽きてしまい、午前対策しかやらなかったのですが、それだけで十分でした。
過去問演習もしてません。
午前の1冊の本を2,3回読みました。
後は試験直前にCASLの本を(構文だけチェックする感じで)さらっと読みました。
言語にCASLを選んだのは、簡単だって聞いたからです。
実際、Cなんかは種々の有名アルゴリズムを実装できないと難しかったような気がします。

俺が受けたときは合格率10~15%くらいでしたが、今は更に簡単になって+10%くらいあるらしいですし、午後のプログラミングの問題も俺のときはCとJAVAとCASLとCOBOL(だっけ?fortrunだっけ?JAVAはなかったっけ?w)のいずれかを選択でしたが、今は表計算ソフトも選べるようで、かなり易化しているようです。
年齢制限もないし、小中学生なんかも確か合格していたりするので、興味ある方は受けてみてはいかがでしょう?

で、今回受けた工事担任者ってのは要するにネットワーク関係の工事や監督ができるっていう資格です。
デジタルとアナログでAIとDDっていうのにわかれていて、それぞれ伝送速度やらなんやらで、1種から3種にまたわかれている。
更に一番上に総合種ってのがあってこれはAI1種とDD1種の両方を持っているのと同じってやつです。
俺が受けたのはこの総合種ってやつ。
理由はAIとDDを2回も受けるのは金銭的な意味で勿体無かったからですw

受けた感じとしては基本情報よりはずっと難しかったです。
試験は基礎・技術・法規の3科目あって、それぞれ60点以上で合格なのですが、自己採点で96,74,84だったのでマークミスが無ければ合格しているはず・・・!

過去問の解説や勉強法なんかを書いたwikiをちまちまと作っていたので、使いたかったらどうぞ使ってください。
勿論過去問の解説は総合種の分のみです。
http://www23.atwiki.jp/koutansougou/
このwiki、試験直前と直後にアクセス数が跳ね上がったのにはワロタw

基本情報技術者と工事担任者に関して何か聞きたいことがあったらコメでどうぞ。

次また何か受けてみようかな…。
試験の裏技的なものをwikiにもちょろっと書いたのですが、そっちには書かなかったものをこっちに。

・選択肢は正解から作られる

まあ試験作成者によるわけで、過去問から使えるかどうか判断しなきゃならんのですが、結構使えたりします。
問題文はおいておいて、例えば選択肢が次の通りだったとします。

1.私は彼に公園で言われた
2.彼は私に公園で言った
3.私は彼に公園で言った
4.私は彼に喫茶店で言った

これだけで問題文がなんであれ3番が正解(の可能性が高い)とわかります。
理由は単純で3番が最も他の選択肢との共通点が多いからです。
(「誰が」「誰に」「どこで」「言った/言われた」の4点。)
このようになるのは選択肢が正解から一部を変えることで作られるからです。

ちなみにwikiに書いたのは「出題者の意図を見抜く」ってやつと「常識的に考える」ってやつです。
あとは面倒なので説明しませんが、「倫理的に考える」ってのもありかな?

多分こんな感じのはみんな持っているでしょう。
何か知っていたら教えて下さいw

おそらく本屋でたまに見かける試験の裏技集みたいなのにはたくさん載っているんじゃないかと思います。
見たこと無いんで内容は知りませんが。


コメント

  1. 7Na4@ | URL | -

    今度ハンカーさんに代理で基本情報受けてもらいたいです

  2. はんか | URL | f7MmRMt.

    鉛筆とサイコロの準備はできました!
    いつでもどうぞ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mkhk9.blog38.fc2.com/tb.php/429-2907c0e6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。