--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十次元立方体サイファーportable

2009年12月01日 21:06

数日前までの話ですが、psp版十次元立方体サイファーやってました。
PCもちょろっとやったのですが、(確か)既読スキップがなかったのと、声がなかったのと、システムがめんどくさそうだったのでゲーム開始早々に投げました。
システムはやってみればそんなに面倒でもなく、ボイスは付いていても飛ばしまくりですがあったほうがいいなーという程度ですが、既読スキップが無いのは痛い。
ということでPSP版。

多少ネタバレになっちゃうかもですが、自力で気付く人が何人いるかわからんようなことなので書いておくと、「タイトル画面の空が赤(夕焼け)か青(夜)かでストーリーが変わる。赤か青かはゲームの起動時にランダムに決定される(PC版ではセーブデータの初期化までしないといけない)。」というシステムになっています。
ストーリーのネタバレではないので見たってアレなんですが一応隠しておきます。

後は感想。
青ルートはミステリー的なシナリオ、赤ルートはSF的なシナリオとなっています。
伏線の回収度その仕方、シナリオ、好みなどなどで見て青ルートの方が面白かったです。
多分こっちがメインなんだと思います。

とはいえ回収されていない謎がかなり残ります。

一番の不満点は謎解きがつまんないということ。
推理するというよりはパズルやクイズを解かされます。
推理したかったぜ…。

おまけは糞つまんなかったです。
やるのが時間の無駄という感じ。

不満点ばっか書いていますが、結構楽しめました。
中盤から盛り上がってきますね。
特に青ルートはそこそこ良かった。

暇しているならやってみるのも有りかも。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mkhk9.blog38.fc2.com/tb.php/345-67e08ffc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。