--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西尾維新

2009年06月12日 16:00

ゼロナナさんへの本紹介という訳でもないんですが、なんとなく思ったことを。
あんまりおススメできないし。
本紹介はこの次あたりの記事で。

西尾維新の本は戯言シリーズだけは読みました。
クビキリサイクルからネコソギラジカルの全6作9冊です。

1作目は割りと普通のミステリーです。
でもなぜかこれ、ラノベといわれていまして、その理由が2作目からわかります。
3作目からはバトルものに。
一応推理要素はあるんですがね…

内容的にはずっと言葉遊びを見せられる感じ。
嫌いではないので普通に読めましたが、嫌いな人は全く読めないでしょうね。

クビキリサイクルだけは結構楽しめました。
あとは作を追うごとにつまらなさup。
惰性で読みきった感じでした。

以下ちょっとネタばれなので一応追記に。
1作目のクビキリサイクル読んで、森博嗣のすべてがFになるを思い出しました。

共通点としまして、どっちも天才が犯人で、どっちも天才が犯人の割りにトリックがしょぼいw

で、クビキリサイクルの方の犯人にはそのしょぼいトリックを使った理由が用意されていました。
意味があってしょぼいトリックを使ったと。
この点が非常にお気に入りw

とはいえすべてがFになるも好きですね。
タイトルが綺麗過ぎる。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mkhk9.blog38.fc2.com/tb.php/175-cf8db347
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。